デュオリサイタル with 萩原尚子さん

| コメント(0)
今年は余裕のない一年かしら。
常に焦っている感じがする。今も年末までの手帳を見るのが怖い。
でも、一度音を出すと心が音楽にふっと入っていけるから不思議だ。
本当に音楽に助けられているなぁ。

11月21日から24日にかけてヴァイオリニストの萩原尚子さんとのデュオリサイタル。
愛媛県松山のアンディームジーク愛媛さん主催のコンサート。
そしてアウトリーチでの興居島での「島の音楽会」
名古屋、スタジオ・ハルでのリサイタル。
連日のコンサート、そして愛媛〜名古屋の旅行だった。
今回、初共演となる萩原さんとのコンサートはとびっきりのものとなった。

尚子ちゃんとの初めてのリハーサルの時の感動をなんと表現したらいいのだろう。
たまらなくワクワクして、こんなに音楽の方向性がぴったりくる人っているのかなと驚いた。
さらに彼女のテンポ感、間の取り方、特に小節線をまたぐ時のテンポなどはすぐに吸収したいと思うようなものだったし、弾いていて「そうだよね、そうだよね、そうなんだよ!」と言いたくなるほど全てに納得できる。
私の示すハーモニーにぴったりの音程感、バスラインにすんなり乗ってきてくれるメロディ。
長年探し続けたパートナーに出会えたような感動!
会話を楽しむようなシューベルトのソナチネは時には幸せに、時には訴えるように、時には内緒の話のように語り合える。
ブラームスは一番ぴったりで一緒に弾いているとどんどんインスピレーションが湧いてくる。
ベートーヴェンのクロイツェルは、交響曲を知り尽くしている彼女の躍動感、強弱の捉え方はとても勉強になった。
本番でもそのワクワク感は変わらず、3回の本番全てが素晴らしかったし、毎回毎回変化していった。楽しいってこういう事だったんだな。

いつもながら松山の方の優しさにほっとして、アンディームジーク愛媛の皆さんの音楽を愛する気持ちに感動して、興居島の藤内さんの島を愛する気持ちや島の人達から愛される様子にぐっときてしまった。松山は本当に私にとって大切なところ。
そして今回初めて演奏した名古屋のスタジオ・ハルの心地よさ、ベーゼンドルファーの響きの美しさ、そしてそこでも松岡ご夫妻と岩月さんの音楽を愛する心に感激した。

この先の音楽人生に大きな影響を与える4日間だった。

夏の金沢

| コメント(0)
秋が始まった。
雨ばかりだった9月が終わり、少しは秋らしい爽やかな日が来て欲しい。
私は東京の秋が大好きだ。青空が広がり街を歩くのも楽しくなる。
今年もそんな秋晴れが待ち通しい。

この夏は久しぶりに石川ミュージックアカデミーに行った。
私は金沢には縁があり、20年ほど毎年行っていたのだがここ数年は行っていなかった。
その間に新幹線が出来て、今回は初めて新幹線での金沢入り。
懐かしさと大好きな街に来られた嬉しさとでワクワクした。

10日間ほど過ごしたのだが、結果的に金沢はいい街だと再認識した。
ただ、新幹線は多くの変わってしまった金沢を見ることにもなった。
異常なほどの人の多さ。デザインはかっこいいけれどどこの都会にもあるようなお店ばかり入ったビル。雰囲気だけで味はイマイチのお店でも行列ですよと地元の人は言っていた。
発展するって難しい。

食通の金沢の友人のおかげで美味しいお店に連れて行ってもらい、
美味しく楽しい時間を過ごすことができた。
食材が豊かな土地に行くのは幸せだ。
最近は地方に行く方が「豊かな生活をしている」と感じることが多い。

アカデミーはローラン・ドガレイユやパスキエの楽譜から読み取るファンタジーの深さや
音色の豊かさ、知識量に驚いた。
特にパスキエは70歳を超えてもバルトークのソナタを完璧に暗譜していて、
バリバリと弾けるのはもちろんピアノパートまで詳細にわかっている。
このレベルの先生が増えるといいと心底思った。

さて、この秋は楽しみなコンサートがいっぱい。
準備に取り掛かろう!

2016年リサイタル

| コメント(0)
D959の旅が終わった。
終わったというのは違うかな。ひとまず旅から帰ってきたということにしよう。
難しかったけれど、曲と仲良くなっていく時間は本当に楽しかった。

今回のリサイタルはシューベルトのD537とD959を一晩で弾きたい!という単純な理由からのプログラミングで始まった。
D537とD959の間に弾くのはドビュッシーのピアノのために。
イ短調→イ短調→イ長調、何て美しいプログラム!(自己満足)

D537のソナタはシューベルトの若い時のファンタジーに富んだ作品。
モチーフが断片的でインスピレーションをそのまま五線紙に埋めたよう。
秀逸は第2楽章で単純で可愛らしいテーマが形を変えた伴奏を伴って繰り返される。
このテーマがD959の第4楽章に使われているので一緒に弾きたかったのだ。

D959の長大な傑作をどうしたら最後まで一つの作品として聞いてもらえるか。
これが一番難解だった。
作品の良さを伝えることを一番の仕事と思っているけれど、この作品に自分が太刀打ちできるのか。
第1楽章のあたかも人生を肯定するような出だしから、慈愛に満ちた第2テーマ、一音一音の行き先が明瞭なのだがこの楽章を弾いているととても心が静かになった。
そして絶望の第2楽章から音楽はぐっと深まってきて、第2楽章が終わると必然的に第3楽章が遠くからやってくる。この第3楽章が可愛らしくて短いのに難しかった!
そして本当に本当に難しく素晴らしい第4楽章。
生命力にあふれて、幸せで、人生を謳歌している第4楽章は、このD959全体の魅力に繋がっていると思う。
なんというか、この楽章が最後で「あぁ、やはり人生は素晴らしいのだ」と思えるのだ。

こんなことを考えながら曲の紐解いていく作業は本当に興味深く、昨日思ったことが全然違うように見えたり、わかったと喜んだ次の日にはうまくいかないと落ち込んだり、
そんな時間は辛くて大変だったけれど、やっぱり財産だと思う。

でも、何より世界的遺産のようなD959をお客様と共有できた喜びったらない。
きっと聞いてくださった方一人一人にそれぞれのシューベルトを感じたと思う。
演奏やコンサートとは不思議で、私が弾いたシューベルトではあるが、
一人の耳から体に入った瞬間にその人のシューベルトになる。

今年も大切にしているコンサートを出来たことに感謝。
来年に向けて、また体力つけなきゃ!

地震から一ヶ月後の熊本にて。

| コメント(0)
忘れられないコンサートとなった。
未曾有の大地震から一ヶ月後の5月14日の熊本でのリサイタル。
無駄なことを何も考えずにピアノに向かえたコンサートだった。

4月14日にテレビを見ていたら熊本で大地震が起こった。
まさか熊本で??一番地震に無縁の土地だと思っていたのに。
心配して心配して、朝になったら知り合いに連絡してみた。
皆が無事でホッとした。
それから2日後の本震。そしてあまりにも多く強い余震の数々。
なぜ熊本が??
まるで胃の中に重く黒い塊がうごめいているようだった。

「生きていますよ」「九州の女は強いですよ」
心配してメールをしたのに、私の方がどれだけ勇気づけられたことか!
自然の前になんと人間は無力なのだろう。

それから一ヶ月後の熊本でのリサイタル。
キャンセルに違いないと思っていたのだが、主催の岡村さんがやりましょう!と言った。
時期尚早という気がしたのだが、「熊本の芸術の灯を消したくない」という
彼女の一言を聞き、何が何でも行こうと思った。

熊本の友人たちは皆元気だった。
再会を喜んでいると地震があったなんて信じられなかったが、
皆、それぞれが大変な一ヶ月を過ごしたんだろうな。
コンサート当日、10人でも20人でも来てくれたら嬉しいと思っていたが、
思いがけず慌てて椅子を追加するほどのお客様がいらしてくださった。
地震から初めて出かけたという方もいた。
ここに来てくれた人たちとシューベルトを共有出来るのが嬉しかった。
上手く弾かなきゃとか無駄なことは一切考えなかった。

皆が笑顔で帰っていくのをこんなに嬉しいと思ったことはない。
忘れられないコンサートになった。

「表現」

| コメント(0)
トヨタマスタープレイヤーズ・ウィーンが終わった。
久しぶりにチェンバロと過ごした一週間。
楽しかった!何が楽しかったかというと本番だ。
リハーサルとは明らかに違うテンションで、皆目一杯弾いてくる。
方向性もフレージングもわかりやすく、恐怖感など吹っ飛んでしまう。
これだよな、この感覚だよな、と何度も思った。
オケの響きや音、音楽の流れなどからどんどんアイディアが出てきて、
やっとチェンバロで「こうするといいんだ」というものがはっきりわかった。
今までのチェンバロ人生をやり直したい。
ただ楽譜を必死に弾いていただけだったのではと猛反省。

そして後半の驚愕のベートーヴェンの田園。
何はともあれ、「音楽は生きていないと!」と痛感させられた。
今、この瞬間に生きた音楽を演奏するからこそ、時を超え国を超え音楽が蘇るのだ。
そして、お腹の底から表現すること。
一人一人が心から感じて表現する。自覚と責任を持って表現する。
そしてそれが集まると相乗効果ですごいことになる。足し算ではなく掛け算なのだ。
アンサンブルをするために表現がおろそかになってしまうことは絶対にダメだ。

聞いていてワクワクしてきて元気になる。そうだ、それが音楽だ!
素晴らしい4月のスタートを切れた。
明日からはピアノに戻ろう。表現することは同じ。
とにかく表現。表現。表現。
手帳に「表現」と大きく書いた。
今年はとにかく「表現」について考える。

トヨタマスタープレイヤーズ

| コメント(0)
4月2日に仙台でトヨタマスタープレイヤーズの中に入っての1公演目の本番だった。
久々のチェンバロ。でも不思議と恐怖心もなくすんなりと楽器に慣れることが出来た。
何より嬉しいのはオーケストラの中に入って弾けること。
普段、多くてもクインテットが最大くらいなのでオケの響きの中にいるのがとても気持ちがいい。
しかもウィーンフィルのメンバーを中心とした、ウィーン歌劇場オーケストラ、ウィーン交響楽団、などの人達なのでとにかく音色が美しい。
みんなの歌い方やフレージングが揃っているのはお国柄か?

チェンバロは強弱がつけられない。
だからタイミングや長さで表現する。
これがピアニストの私にとっては勇気がいるのだ。
でも、帰りの新幹線の中でふと思った。ピアノでももっと長さで表現できるのでは?
ピアノだと音色や強弱が表現のメインになる。
もっと長さ(特に短さ)を意識してみると今までより幅が広がるかもと考えた。

明日、大阪でコンクールの仕事を経て、明後日が2公演目の大阪シンフォニーホール、
明々後日がアクロス福岡。そしてラストがサントリーホール。
弾くのも楽しみだが、皆の音が変わってくるのが本当に楽しみ。

さよなら3月

| コメント(0)
笠間アカデミーから鹿児島の天空の森音楽祭への一週間。
キツくて、そしてまた充実した時間だった。
笠間アカデミーには3日間しか時間を取ることができなかった
朝から夜まで10レッスンを弾き続ける過酷な仕事であったが、
笠間で長く働いているピアニストの河地さんに色々と助けていただいた。
休憩時間のちょっとした息抜きや食事中のおしゃべりなど、
彼女のおかげで楽しく過ごすことが出来た。
少し年下だけれどもキャリア的には大ベテランで、頼りになる存在だしとても親切。
きつい仕事を楽しく出来ることはとても重要だと思う。

天空の森は鹿児島の霧島にある。
天空の森は一つの山で、その山(東京ドーム3つ分くらい)を自然を残しつつ素晴らしいリゾート地に作り上げられている。宿泊は3棟しかなく、360度の眺めが楽しめる。
そこで毎年3月の終わり頃に小さな音楽祭があって、濃密な時間を過ごす。
お客様も自然の中に身を置くことでリラックスしているが、我々演奏家も
山や木々を見ながらの演奏会で精神的に素の自分に帰る気がする。
あの空間に身を置くことが私は大好きで、いっぱいいっぱい呼吸をして
体の中の酸素を全て入れ替えた気持ちになっている。
そこで4日、3回のコンサートをして東京に帰ってきた。

その足でトヨタマスタープレイヤーズのリハーサルへ。
バッハのドッペルコンチェルトで久々のチェンバロ。
ウィーンフィルのメンバーの芳醇な響きを背中に受けて弾くのはとても快感だった。
ツアーは4月2日の仙台、6日大阪、7日福岡、8日東京サントリーホール。
4回バッハを弾くのも嬉しいけれど、4回後半の指揮者なしの田園を聞くのがすごく楽しみだ。

そんな中、指が化膿してパンパンに腫れてしまった。
痛くて痛くて仕方がないので大嫌いな病院へ。
抗生物質をもらって飲んでいる。
明日くらいには腫れがひいてくれるといいな。
練習できないと不安になって精神的に良くない。

3月が終わると恐怖の4月がやってくる。
頑張れ、私。


とても焦っている。
自分の時間がなかなか取れない。
不思議なもので自分の時間が取れないと途端に不安になるのだ。
じっと我慢。少しの時間を集中する。あれもこれもやろうと思わない。
こんなことを自分に言い聞かして心が乱れないようにする。

明日からかさまアカデミーに行く。
こういう講習会に行くのは久しぶりなのでドキドキとワクワクが混在している。
久しぶりに朝から夜までヴァイオリンの音を聞き、一緒に弾く。
実はこの中で試したいテクニックがあるのだ。
この3日間は朝から夜までそのテクニックのことを考えてピアノを弾こう。
ほぼ全員の生徒さんが一緒に弾くのは初めて。
一人一人の音に耳を傾けよう。「初めて」は楽しい瞬間。

そしてかさまが終わるとそのまま天空音楽祭へ。
大好きな鹿児島の霧島の、そのまた大好きな天空の森での音楽祭。
ここの空気と景色が私の細胞にまで綺麗な酸素を送り込んでくれる気がするのだ。

そんな慌ただしい日々の中、母親の誕生日が来た。84歳。おばあちゃんになったなぁ。
産んでくれてありがとう。
父親と仲良く元気でいてくれてありがとう。
いつも見守っていてくれてありがとう。
いつ帰っても家は質素だけれどとても清潔で片付いていて、
玄関やトイレや洗面所に庭の花が素敵に飾ってある。
私にはそんなことは出来ないけれど、そんな家で育って幸せだったと思う。

焦らずに一瞬一瞬を楽しんで味わっていこう。

リニューアル!

| コメント(0)
この度、ホームページをリニューアルした。
もともとのホームページも気に入っていたのだが、幾つかの問題が生じてリニューアルしたいと思っていた。
アートディレクターの荒井耕治さんにお願いしたところ、本当に素敵なデザインをしてくださった。

私は物を作っていく過程が好きだ。
音楽もそう。曲を理解し生き生きと作られていくのがたまらなくワクワクする。
もちろん既に出来上がった素晴らしい作品を見るのも喜びなのだが、
この「だんだん出来上がっていく様」には期待と希望と心踊るワクワク感がある。
今回、私の希望を荒井さんがあらゆる技術を注ぎ込んで次々と形になっていく過程に
本当にワクワクした。

デザイナーという職業はすごく憧れる職業だ。
発想力、想像力、アイディア、0を1にするとんでもなく破壊力のある職業だと思う。
私は1を10や100に増やしていくのは得意なのだが、この0から1を生み出すことができない。
だから「生み出す」職業の人に異常な憧れや尊敬を抱いている。
今回も荒井さんの発想力に感激してしまった。

そうして気がついたらもう半年以上もブログを書いていなかった。
正直に言うと疲れていた。
日常の練習やコンサート、合間の家事や雑事に追われ、自分の中にある思いや言葉を出すのが
しんどかった。
でも、感じたことを文章にするのは自分を分析するためにも大切なこと。
このリニューアルを機に、また書いていこうと思う。

三月も半ばを過ぎた。
これから正念場だ。四月五月忙しいぞ!
忙しさや時の早さに振り回されないように、私も走り抜けよう。

春が来たのだ!

Yuriko Morota 室内楽シリーズ Vol.1

| コメント(0)

室内楽のシリーズをやりたいなと思い始めたのはいつだろう。

学生時代から誰かと合わせるのが好きで弦楽器の友人といつも一緒に弾いていた。

桐朋の室内楽演奏会で初めて弾いた曲はシューベルトのピアノ5重奏曲「鱒」だったし、

自分たちで企画して小さなコンサートをやったりしていた。


考えてみればあの頃と何にも変わってないな。

それが仕事になっただけだ。好きという気持ちやそれにかける情熱はあの頃より増えていると思う。


今回こだわったのは次の5つ。

①大きくないお客様と一つになれる会場。

②弾きたい曲を弾きたい人と。

③会場についてまず楽しめるように素敵なお花を飾る。

④休憩にはワインを。

⑤自分の言葉でプログラムを書く。

とりあえず、この5つはクリア出来たぞ!


モーツァルトとブラームスのピアノ四重奏曲第1番ト短調。

どちらも思い入れのある曲で、ピアノ四重奏だけ2曲弾くのも初めて。

同じ編成で一晩っていうのをやってみたかったんだな~。

そしてヴァイオリンの﨑谷くんとヴィオラのヘルマン・メニングハウス、チェロの裕康さんは

音質や音楽の作り方を考えた時にぴったりだと思ったのだ。


結果的に想像通り、いや想像を上回る相性の良さだったと思う。

ヘルマンが入ると響きの厚みがすごいので、一緒に弾く奏者もどんどん彼の響きに影響されて、

3人なのに厚みのある弦楽器の響きになる。

そしてモーツァルトで皆の弾き方を揃えることでなんと4人が一体感のある音楽になったことか!

みなが同じ方向を向いて弾くとこうなるのだと改めて思った。でも、皆が同じ方向でないとだめなんだ。


モーツァルトに時間をかけてリハーサルした後にブラームスを弾いた時に、なんて自由な音楽なのだろうと思った。

不思議だ。自由の幅が広い。

クラシカルなものの難しさかな。高い集中力も要求されるが、神経質な音楽にはしたくない。

モーツァルトにはそんな難しさがある。


お客様の嬉しそうに帰る笑顔を見て、喜んでくださったのかなとちょっとホッとした。

反省ももっとレヴェルアップしたい気持ちも色々な宿題はあるが、まずは第1回が出来たことを喜びたい。

そして、一緒に音楽を奏でた﨑谷くん、ヘルマン、裕康さんには心から感謝している。

でも、このコンサートは会場と演奏者と聴衆とのトライアングルで作り上げるもの。

集中して聞いて下さり素晴らしい空気感を作り出して下さったお客様の力は大きい。

本当にありがとうございます。


こんなに楽しくて幸せだと毎回室内楽にしたくなってしまうが、

リサイタルは自分の音楽人生の大切な竹の節のようなもの。

辛くて大変だけれど、自分を叱咤激励して鍛えていかなければいけない。

来年はリサイタル。孤独な時間を楽しもう。


CD情報

諸田由里子 ピアノ・リサイタルII
ドビュッシー「版画」

2010年1月25日発売。
諸田由里子 ピアノ・リサイタルII
ドビュッシー「版画」イメージ
ショパン:ノクターン No.1Op.9-1 No.4 Op.15-1 遺作 マズルカ No.32 Op.50-3 モーツァルト:ピアノソナタ第13番 B-dur K.333 ドビュッシー:アラベスク 版画 月の光
WWCC-7633 ¥2,625(税込)


Profile


諸田由里子 Yuriko Morota
ピアニスト Pianist

●ホームページはこちら

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント